建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ワイヤー(わいやー)
 細い鋼鉄をよって1本の鉄線にしたもの。平行よりと交差よりがある。

 ロープということもあるが、ロープは麻やナイロン製もある。ワイヤーといった場合には鋼製に限る。ワイヤーは柔軟でありながら強度が強いので、吊り上げなどに利用される。

 建築で使われるのは、ステンレスのワイヤーが多い。φ1以下の極細からφ10以上のものまである。ワイヤーは引張(強度)が高く、たやすく長尺物ができる。

 ワイヤーを切断するには、ワイヤーカッターという工具が必要で、ペンチなどでは奇麗に切断できない。また、ワイヤーは硬くて曲がらないので、ワイヤーを相互に結ぶことができない。そのため、端部をループ状に台付け加工して、ワイヤーロックでつなぐことになる。

 ワイヤーに折り癖がついたり、捩れて瘤状になることを、キンクという。キンクができてしまうとキンクを直しても、引張(強度)が約20%低下する。
広告
TAKUMI Amazonへ