建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ブロック(ぶろっく)
 塊状のものをブロックというが、建築ではセメントを混ぜて型に固めたものをいう。

 ブロックは、縦×横=200×400サイズで、厚さは100、120、150が使われている。コンクリート・ブロックともいうが、練り物とは呼ばない。

 A種、B種、C種とあり、A種は軽量ブロックで、力のかからない間仕切り(壁)などに使用される。

 B
種、C種のブロックを使って、鉄筋を入れたブロック造は、耐震壁としても使うことができ、耐震的にも丈夫で優れた構造部材である。

 1.2メートルを超えるブロックのは、3.4メートル以下毎に控え壁を設けなければならない。ただし、2.2メートル以下とすること。

 職人2人と手元1人で、180個のブロックを積むのを標準とするが、1日に積む段数は5段までとする。

 最近では、ブロック職人がいなくなっているので、今後は規模の大きなブロック建築は施工が難しくなるだろう。

参考=軽量コンクリートマグサA
広告
図は(社)全国建築コンクリトートブロック工業会のサイトから
TAKUMI Amazonへ