建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


表示登記(ひょうじとうき)
表題登記(ひょうだいとうき)
 
 表示登記とは、登記所にある不動産登記簿の、表題部になされる登記のこと。

 かつては表示登記といったが、不動産登記法の改正により、表題登記というようになった。しかし、表示登記という人が多い。
 表示登記の時代には簿冊式だったが、表題登記になってコンピューター化された。

 表題登記とは、土地の場合は、地番地目地積などを、建物の場合は、家屋番号、構造、床面積など、土地や建物の物理的な状態を登記する。

 表題部に基づいて、権利部に所有権保存や抵当権などの権利の登記がなされる。

 家を新築したときなどには、表題登記が必要である。引渡しから1ヶ月以内に行わないと、10万円の過料を取られる。取り壊したら、滅失(登記)をする。

 表題登記は土地家屋調査士の仕事です。(株)匠 総合事務所にご用命下さい。

参考=地図(に準ずる図面)
広告
TAKUMI Amazonへ