建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


羽目(板)(はめ:いた)
 外壁に小幅板をはった仕上げ。または張られた小幅板のこと。羽目ということもある。

 通常は横に張ることが多く、下見板とも呼ばれる。横張りの場合には、二分三が多く使われたが、最近では厚さ15ミリ程度の材を使うことが多い。
 張り方によって、ドイツ下見南京下見などがある。

 下の写真のように、縦に張られることもあり、この場合には縦羽目(たてばめ)という。縦羽目では厚さ15〜18ミリの部材を使うことが多く、比較的幅の狭い材がつかわれる。

 相杓りもしくは羽重ねで張っていくので、は隠蔽となって雨掛かりにはならないことが多い。釘が雨掛かりになっていれば、ステンレス釘などを使わないと錆びが流れた跡がでてしまう。
広告
TAKUMI Amazonへ