建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


通り(とおり)
@ 真っ直ぐなこと。見通した時に、丸太などが一直線上に立ち並んでいる状態。凹凸がない状態を通りが良いという。

A などの中心線もしくは基準線のことをいい、平面図上の柱などの位置をいう時に使う。

 碁盤目のように縦横にマス目を書き、交点に柱を配置するときの、それぞれの基準線を通りといい、記号を付けてあらわす。

 下の図では、C通りにある柱といえば4本の柱をさす。また、1〜4通りには3本の柱がある。それぞれの柱の場所はC通りと3通りの交点の柱という。C3の柱と略していうこともある。

 木造軸組工法では絵図板とか番付板とよび、3尺(=909ミリ)の正方形グリッドで、X方向には<いろは>がかかれ、Y方向には数字が書かれている。通りを略して、<いの1>とか<はの4>と言うことが多い。

 鉄筋コンクリート鉄骨造では、X1〜X10通りやY1〜10通りが使われることが多いが、どんな記号を使うかは設計者の裁量で決まる。

参考=番頭通り芯
広告
通り
 
TAKUMI Amazonへ