建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ドリル(ドライバー)(どりる:どらいばー)
 。回転することによって穴を開ける大工道具、もしくは電動の捻子まわし。

 ドリル・ドライバーが正確な呼び名なのだろうが、ドリルとしか言わない。ドリルのチャックに、ドリルの刃(=ドリルビット)を咥えさせて、対象物に押しつけて穴を開けるとか、捻子をしめる。

 木材用の刃は先端に捻子がついているが、金属用では鈍角な刃先をしており、また螺旋状に刃形の若干違う。回転に打撃を加えたドライバーをインパクト ドライバーといい、より強力に締めることができる。

 チャックにホールソーやコアドリルを咥えさせると、直径2センチ程度のやや大きな穴を開けることができる。

 コンクリートに穴を開けるには、振動しながら回転する振動ドリルをつかう。下の写真は、ドリルと振動ドリルの兼用機である。
広告
doril
 
TAKUMI Amazonへ