建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


特定工程(とくていこうてい)
 建築基準法が決めている中間検査の時期。

 建築確認申請をだして着工すると、ほとんどの建物で中間検査が義務付けられている。その対象は、各自治体によって若干違うが、下記は共通である。

 対象建物−構造にかかわらず3階建て以上の建物。ただし、3階建て以上で共同住宅の床や鉄筋を配置する工事の工程を含む建物で、10000u以下のものを除く。

 東京都では下記の時期を特定工程として、中間検査をおこなう。
1.木造は屋根工事
2.鉄骨造は階の鉄骨建て方工事
3.鉄筋コンクリート造は2階床、梁の配筋工事
4.その他の構造は2階の床工事
5.延べ面積10,000uを超えるものは基礎の配筋工事

 横浜市では、基礎配筋の完了時と、最下階から2つ目の床配筋完了時と、中間検査を2度実施している。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ