建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ドライウォール工法(どらいうぉーるこうほう)
 目地@処理を丁寧にした石膏ボードの施工方法。

 通常の石膏ボードはミリ程度の面(取り)があり、それを突き付けで張っていく。目地はパテ処理をしたあとで、クロスなど張るが、これでは経年変化によりクラックが発生する可能性がある。

 ドライウォール工法では、面を大きく取ったテーパーエッジの大判石膏ボードを使い、床から天井まで一枚で張る。目地部はパテ処理を2度繰り返し、その上からジョイントテープを貼る。その上から2度のパテ処理を行って、クロスなどの下地とする。

 室内の壁を、石膏ボードを一体化させた大壁をつくり、あたかも一枚の連続した壁を作ろうとする工法である。目地の隙間がなくなるため、断熱性や遮音性が向上し、クラックのような目地割れが少なくなる。 
広告
dry
図は吉野石膏のサイトから借用
TAKUMI Amazonへ