建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


トラバース(とらばーす)
 観測点を測量するために、観測点を見通せる地点に設ける仮の基準点のこと。

 トラバース点は、アルファベットの T で表しトラバ点ともいう。この基準点にトータル ステーションをすえる。
 地積測量では、トータルステーションを観測点A→B→C→D→E→Aと移動して測量することはせずに、トラバース点 T1 からE、A、T2 と測り、その後、T2 からT1 、B、C、D と測って、T1とT2 からABCDEの面積を計算する。

 観測点A→B→C→D→E→Aと順に距離と方向角を測定し、多角形の各辺の長さ・角度で位置関係を確定する測量を、多角測量とかトラバース測量という。出発点に戻ってくる場合を閉合トラバース、戻れない場合を開放トラバースという。 
広告
TAKUMI Amazonへ