建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


砥台(とだい)
 砥石をのせて安定した状態をつくるための木製の台。

 砥石は砥台にのせて使うものだが、立って研ぐ場合には砥台の意味があまりない。
 しゃがんで研ぐ場合には、下の図の台の斜めの部分 B を足で踏んで固定し、額を砥石の上に乗せるような気持ちで使う。なお、砥面(とづら)は常に平面を保たないと、刃物が丸刃になってしまう。

 人工砥石は、使う前に吸水させるので、砥台が外れるほうがいい。下の図は人工砥石用の砥台である。砥石の長さより、 の部分を心もち短くつくっておき、砥台を反らせて嵌め込む。ただし天然の合せ砥の場合は、砥台が外れないようにした方が良い。

 しゃがんで使うときは、砥石の上から力がかかっているし、B部分に足先をかけているので、砥石は絶対に動かなくなる。
 を研ぐ場合には B の部分を右足で踏み、の場合には柄を逃がすために左足で踏む。立って研ぐと、身体と砥石が一体化しないので、丸刃になりやすい。
広告
TAKUMI Amazonへ