建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


床(の間)(とこ:のま)
 住宅の和室に設けられる部屋飾りで、ふつうのの面より1段高くしてある。

 床柱をそなえた板張りが多いが、畳敷きの床の間もある。真→行→草といった構えがあり、広い部屋には真の構えを、狭い部屋には草の構えを原則とする。
 下の図は書院建築から発達した床の間まわりで、戦前には多くつくられたが、現代住宅には重厚にすぎる。なお、床框から1.8メートルはなれて正座し、掛け軸の吊り元が見えないのを落とし掛け高さの定法とする。

参考=床刺し
広告
理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ