建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


継ぎ手(つぎて)
 木材や鉄骨の加工において、2つの材料が取り合うとき、部材が一直線になるようにつなぐ加工方法。

@ 木材の継ぎ手には様々な形態があり、目的や用途に応じて突き合わせ芋継ぎ削ぎ継ぎ相杓り鎌継ぎや、下の図にあるような蟻(継ぎ)金輪継ぎ台持ち継ぎ追掛け(大栓継ぎ)などが選択される。

 精巧な継ぎ手であっても、継ぎ手部分は構造耐力的に最も弱い箇所となるので、もっとも応力の小さな部分に設けるべきである。
 直角に繋いだり、角度を付けて繋ぐのは仕口とよぶ。


A 鉄筋を長手方向につないだ部分を継ぎ手といい、細い鉄筋に使われる重ね継ぎ手と、16ミリ以上の太い鉄筋に使われる(ガス)圧接継ぎ手がある。
広告
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ