建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


地番(ちばん)
 地番は土地の1ごとに法務局によって付けられた番号で、住所とは違って、地名と一緒に法務省で管理している。
 土地を分筆すると新しい地番がつけられ、合筆すると若い番号を残して他は抹消される。
 通常、家屋番号は地番と同じである。

 下の図の、山田太郎邸が一丁目502番5だとすると、山田太郎邸の敷地を分割・分筆すると、分筆順に法務局の登記官が枝番をつける。そのため、山田太郎邸は502番5と502番6になるのが原則だが、すでに502番6が使われているときには、502番7になる。もし、福田武雄邸が山田太郎邸から分筆したものだとすると、502番6となるとは限らない。

 土地の分筆登記申請は、土地家屋調査士の業務です。

土地を分割するときは、土地分筆登記
建物を新築したときは、建物表題登記

タクミ ホームズへどうぞ
広告
TAKUMI Amazonへ