建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


垂木(たるき)
 屋根野地(板)をその直下で支える細木。

 屋根の流れに平行に勾配なりに施工される。垂木を見せた場合は化粧垂木とよび、構造材で見えない場合は野地垂木という。野地垂木の寸法は、一二三一三一五が多い。
 
 野地垂木は母屋の上で削ぎ(殺ぎ)継ぎにしないと、屋根面が平滑にならない。
 ふつう化粧垂木は、下の図のように平行に並べるが、社寺建築では隅木にならって扇型に広げるかたちもあり、扇垂木と呼ぶ。
広告
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ