建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


畳(寄せ)(たたみ:よせ)
 床(とこ)と呼ばれる芯材と表面の表(おもて)、それに縁(へり)からなる床材。

 最近では芯にスタイロ フォームを使った物が多い。かつては4枚の畳が1点に集まるような敷き方は、切腹部屋(下の図の四つ居敷)といって嫌われたが、最近では正方形の畳も見るようになった。畳表は、備後表がもっとも多く使われる。
 普段部屋に使われた丈夫で安価な琉球表があったが、今では高価になってしまった。
 備後表の新床で、1畳=¥10、000〜、畳表の張り替え=¥5、000〜。

 面と壁面のあいだに散りの分だけ空くが、畳寄せ(寄せと呼ぶことが多い)という角材を畳と壁の隙間に入れて納める
広告
TAKUMI Amazonへ