建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


砂(据え)(すな:ずえ)
 岩石などが風化によって細かくなったもので、直径がミリ以下のものを砂と呼ぶ。

 建築に使う砂は、塩分が入っていては困るので、河原でとれたものを最良とする。次に山砂である。海砂は水洗をした上で用いる。
 砂は砂利とと もにコンクリート骨材となる。

 石などを敷くときには、コンクリートなどで地盤をつくった上に、薄く砂を強いて水平をだしたりして馴染みをとるので、砂据えと呼ばれる。石の隙間から注(継)ぎトロして、石を固定する。
広告
TAKUMI Amazonへ