建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


筋違(すじかい)
ブレース(ぶれーす)
 建築物の変形を防ぐ ために、に斜めに掛け渡す構造部材。

 木造軸組工法では柱寸法を基準にして、1/4〜1/1の厚さのものまで使われる。柱などへの取り付けは、柱や桁を欠きこんでの打ちだったが、最近では金物を使うことが多い。
 圧縮力に対しては、壁の面外に飛び出してしまうまで有効であり、引張り力に対しては、接合部が破壊されるまで効果的である。昔の日本建築は貫(構造)をとったので、筋違を用いることは少なかったが、現代では建築基準法が筋違の使用を要求している。
 剛接合にしない場合は、鉄骨造でも筋違は使われるが、ブレースということが多い。意味はまったく同じである。
 木造では床面の変形は床板と火打ち梁で対処するが、鉄骨造では水平にブレースを入れて床の変形を防ぐことが多い。
広告
棟木を支える束は、小屋束ではなく棟束である
TAKUMI Amazonへ