建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


所有権(保存)(しょゆうけん:ほぞん)
 所有権とは物を使用したり、貸したり、売ったり、担保に入れたりでききる支配権。
 所有権保存とは表題登記に基づいてなされる、初めてする所有権の登記のこと。

 所有権は人が、物を所有する裏付けとなる権利で、民法の206条以下に規定されている。不動産にたいする所有権は不動産登記法に従ってなされるが、民法に根拠がある。

 新築された建物は、材料を提供した請負者の所有に属し、引渡しによって発注者に所有権が帰属すると考えられていた。しかし、着手金や中間代金などの支払いによって、所有権は完成と同時に発注者に帰属するものと変わってきた。

 新築建物は、発注者が最初の所有権を持つとみなすために、所有権の移転を考えることができない。そこで初めてする所有権の登記を所有権保存登記と名付けた。

参考=権利の登記
広告
TAKUMI Amazonへ