建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


遮音(等級)(しゃおん:とうきゅう)
 音の伝わりを防ぐことを遮音という。

 音は空気をかいして伝わるものと、物体を伝わっていくものがある。音の浸入を断ち切ろうとする防音とは、若干ニュワンスが違って、遮音は伝わっていく音を遮ろうとするものである。最近では、防音サッシや遮音シートなどが普及してきた。

 音を発する部屋と隣室で測定して、音の大きさの差によって決まるのはD値であり、D値は2室間の空気遮断性能をあらわす。
 D−65と数字が大きくなるほど聞こえなくなり、D−15と小さいほど良く聞こえてうるさい。


 床を通しての音の浸入は、重量床衝撃音(足音等)と軽量床衝撃音(物の落下音等)があり、L値(床衝撃音レベル)は上階で発生した音が、下階で聞こえる音の大きさをしめし、値が大きい方が性能が悪い。
広告
TAKUMI Amazonへ