建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


芯(心)材(しんざい)
 樹芯に近い部分で、すでに成長が遅くなっているため、辺材に比べて水分が少なく、赤っぽい色をしていることが多い。

 芯材は赤身(あかみ)、辺材は白太(しらた)とも呼ばれる。ただし、木の種類によっては中心部と外辺部で、色の違いが見られず、心材と辺材の区別がほとんど出来ないものもある。
 芯材部分のほうが、狂いが少なく、一般に良材とされている。
 芯材とは辺材にたいする概念で、樹芯をもっている芯持材とは違う概念である。下の写真の赤身の部分のことを言う。
広告
TAKUMI Amazonへ