建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


芯持材(しんもちざい)
 年輪の中心をもった材で、通常の内地材はすべて芯持材である。

 大木から取る芯去材の柱を除くと、1本の樹木の四周を製材によって落とし、1本の柱材をとるので、必然的に柱はすべて芯持材になる。芯去材の表面は柾目になる可能性があるのに対して、芯持材の表面は板目になる。
 芯持材は芯のあるほうへ曲がる傾向がある。そのため、柱を用材するときには、互いに凸になるように配置する。また、背割りを取らないと、表面にヒビが入りやすい。
 芯持材は木材の繊維が通っているため、芯去材に比べると曲げ強度が高い。
広告
TAKUMI Amazonへ