建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


暑中コンクリート(しょちゅうこんくりーと)
 日平均気温が25℃を超える時期に打設するコンクリート仕様のこと、もしくは打設するコンクリートのこと。

 打込み時における気温が30℃を超えると、コンクリートが硬くなったり、コンクリートが固まるのが速くなったり、水分が急速に蒸発して、耐久性が低下する等の悪影響がでる。そのため、日平均気温が25℃を超える時期に、施工する場合には、暑中コンクリートの仕様としなければならない。

 水和熱の小さいセメントを使用し、固まるのが遅くなる混和剤を使用する。また、コンクリートの温度を35℃以下となるようにセメント以外の材料を冷却する。

 コンクリートを打込む前には、地盤型枠など、コンクリートから吸水する恐れのある部分に散水して、湿潤状態に保たなければならない。型枠、鉄筋等が直射日光を受けて高温になる恐れのある場合には、散水、覆い等の適切な処置を施さなければならない。

参考=寒中コンクリート
広告
TAKUMI Amazonへ