建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


縮尺(しゅくしゃく)
スケール(すけーる)
 建築物を原寸で紙のうえに描くには大きすぎるので、紙におさまる大きさまで縮める基準を、縮尺とかスケールという。

 建築における縮尺は、描く図面の種類によって、おおむね決まっている。
 配置図=1/200、1/500
 平面図=1/50、1/100
 立面図=1/100、1/200
 断面図=1/100、1/200
 矩計図=1/20、1/50
なお必要に応じて、他の縮尺で描かれることもあり、建築においては縮尺が法定されているわけではない。

 登記関係にあっては、
 建物の表示登記では、1/250、1/500
 土地の分筆登記では、1/250、1/500
が使われ、登記業務では縮尺が決まっている。 

参考:三スケ(三角スケール)
広告
TAKUMI Amazonへ