建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


死節(死に節)(しにぶし)
 まわりの木材質とつながっておらず、養分がいかなかったので、抜け落ちてしまう

 死節は立木の時代に、自然に枯れた枝が、成長する樹皮に一体化せずに残ったもの。死節も樹皮に包まれていくこともあるが、生き節とちがって木質から養分を得ておらず、樹木の中で埋没している。
 植林された人工林では、幼木のうちに下枝枝打ちしていくので、樹皮が枝打ちした後を包んで一体化していく。その後は、生き節となって表れる。
広告
TAKUMI Amazonへ