建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


三四五(さしご)

 敷地や建設現場内で直角を求める時に、簡易的に製作される直角三角定規、または直角を求める方法のこと。<さんしご>という人もいる。

 大矩(おおがね)は、三四五の定理(さしごのていり)をつかって、各辺の比率が3:4:5になるように(ぬき)等の小幅板を用いて製作する。直角三角形では下記の関係が成り立つ。

 斜辺×斜辺=底辺×底辺+立辺×立辺

 俗にピタゴラスの定理と呼ばれる三平方の定理をつかって、直角定規を作製するときの数値を大工職人たちは昔から知っていた。

広告
TAKUMI Amazonへ