建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


錆止め(塗装)(さびどめ:とそう)
 金属、主として鉄部への仕上げ塗装にさきだって、錆の発生を押さえるために塗る塗装のこと。

 錆は、鉄が水および酸素と触れることによって発生する。錆の発生を防ぐためには、鉄の表面を水や空気と触れないようにすればいい。
 錆止め塗料には、油性系、アルキド樹脂系、フェノール系、エポキシ系、ウレタン系などがあり、エポキシ系錆止め塗料が住宅の塗替では多く使用されている。
 錆止め塗料を鉄面に付着させなければ効果がないので、下地の処理が大切で、再塗装の場合には充分にケレンをすることが特に必要である。 

 かつては鉛丹が使われたが、乾燥が遅いので、最近では使われない。
広告
TAKUMI Amazonへ