建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


階段(かいだん)
 階段は上下階をつなぐ通路である。
 
 ほとんどの階段は部屋の外にあり、廊下の一部に接続している。部屋の吹抜けに階段をおき、廊下を経由しないで直接2階へ至る階段も可能であるが、この場合には空気や音も上ってしまうので、温熱環境への配慮が必要である。

 建築基準法23条では、住宅階段の幅は750ミリ以上、蹴上げは230ミリ以下、踏み面は150ミリ以上であるが、これでは急すぎる。望ましい勾配は、6/7以下である。また、住宅の階段にあっては、高さが4メートルを超えると踊り場が必要になる。

 階段の段板をまとめる側板は簓(桁)というが、石段の場合にはササラとは言わずに袖石という。

参考=鉄砲(階段)螺旋階段収納階段簓(桁)段板蹴込み
広告

  私的な部屋ならこんな階段も
TAKUMI Amazonへ