建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


温度補正(おんどほせい)
 コンクリートの強度を保つため、コンクリートを打設するときの外気温によって、 外気温にあわせて生コンの調合をかえること。
 2015年以前は、外気温が16度以上あれば、温度補正の必要はなかった。しかし、現在は16度以上あっても、補正が必要だと変更になった。

  普通コンクリートの場合
 外気温が8度未満もしくは暑中コンクリートのときは、補正値は6N/mm2とする。 それ以外の時は、3N/mm2とする。コンクリートの打設強度(呼び強度)は、設計強度(18〜21N/mm2)+補正値となる。 暑中コンクリートとなる季節は、地域によって違うため、地元の生コン工場に確認すべきである。ちなみに東京では、6月30日〜9月15日までを暑中期間とする。
 なお、同時期に温度補正という呼び方が、強度補正と呼ぶように変わった。
 温度補正の変更について、匿名の方から指摘して頂いた。多謝です。
広告
TAKUMI Amazonへ