建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


納まり(おさまり)
 2つもしくは3つの材料が取り合うときの細工の仕方、もしくは完成した状態。

 現場でもっとも使われる言葉で、納まらないと大変なことになる。すべての職人たちは、納めるように仕事をしている。設計図書に描かれている通りに施工すると、納まらないことがあり、現場の施工者たちが工夫して完成させている。

 外から見ると同じ見え方でも、内部をどう作るかで悩むところである。後日の経年変化を考えて、もっとも素直な仕組みを作ることが良いだろう。
 設計のときに考えられた細部をディテールというが、納まりとは施工上の用語であり、ディテールよりも広い意味をもっている。
広告
TAKUMI Amazonへ